稲荷丸 お知らせ
現在、アジとアカムツのリレー釣りとアジとスルメイカのリレー釣り中心に出船しています。但し、希望によりクロムツや根魚釣りにも出船します。
  
船長
稲荷丸に乗ることによって『心が安らぐ、ストレスが解消できる』 釣果も大切ですが釣果以外でもお客様の役に立てるように、また、 お客様に笑顔を見せてもらえるように日々努力しています。心の触れ合いを大事にしています。
スルメイカ・ヤリイカ・根魚ならばまかせろ!
釣り物等
アカイカ
10,000円
詳細はお問合せ下さい
クロムツ
夏〜冬
10,000円
詳細はお問合せ下さい
アカムツ・イサキ・ハナダイ
秋〜冬
10,000円
詳細はお問合せ下さい
ヤリイカ
冬〜春
10,000円
詳細はお問合せ下さい
アジ・サバ・スルメイカ・根魚
通年
10,000円
詳細はお問合せ下さい
仕立
通年
平日(4〜6名程度から) 土日祝日(8名程度から)
詳細はお問合せ下さい
業種
予約乗合・仕立
船装備
電動リール用電源、前に男性用トイレ、後に男女兼用トイレ、所有釣り船(1隻)
予約方法
前日までに電話またはFAXにてご予約下さい。
集合場所
出船時間の30分前に船宿に集合。乗船用ボート・名簿に記入後乗船。
釣座選択
先着順となります。
定休日
第3土曜日
駐車場
船宿の横・港に有ります。
宿泊施設
近くの民宿・ホテル・旅館等を予算に応じてご紹介します。
カーナビ
鴨川市東江見383−1 稲荷丸 0470-96-0444
アクセス
<車>館山自動車道姉崎袖ヶ浦ICから国道410号線鴨川有料道路を経由して鴨川へ。鴨川バイパスを館山方面へ右折する。江見港から江見駅入口へ向かって途中右側に船宿。姉崎袖ヶ浦ICから59km。

料金、釣り物、集合場所、出船時刻等は変更になることがあります。
釣船及び釣果の詳細情報はホームページでご確認いただくか、連絡先にお問い合わせください。

Responsive image

8月13日(月)

今日は、江見沖〜和田浦沖の水深105〜160mで、朝の内アジを狙い、その後スルメイカ、後半鬼カサゴを狙いました。
アジは、反応が薄くポツリポツリと釣れる程度でした。(アジ:24〜32cmが15〜23尾)。
スルメイカは、最初の内だけ良く、その後は反応があってもノリが良くありませんでした。(スルメイカ:30〜42cmが7〜12杯)。
鬼カサゴは、潮が流れず低調でした。但し、ヒオドシ・アヤメカサゴ・ハチカサゴ・キダイ・赤イサキなどの外道が交じりました。(鬼カサゴ:0.5〜1.1kgが1〜2尾)。

2018/08/13


Responsive image

7月26日(木)

今日は、和田浦沖の水深230〜260mで、朝から赤ムツを狙いました。
上潮が速く二枚潮で底立ちも取りづらく非常に苦戦し低調でした。また、メダイのオンパレードでその他の外道も多く邪魔でなかなか上手く釣ることができませんでした。但し、こんな状況の中でも魚の喰いは良かったので今後、ちょっとだけ楽しみです。
また、メダイの他に黒ムツやユメカサゴなどの外道も交じりました。(赤ムツ:30〜32cmが3尾)。

2018/07/26


Responsive image

7月8日(日)

今日は、天津沖の水深55〜90mで、朝からマルイカを狙いました。
反応が小さいため反応の変わりが速く非常に苦戦しました。今日もバラシが多く、船の中に取り込むまで気が抜けない本当に難しい釣りですね。(マルイカ:15〜28cmが15〜20杯)。

2018/07/08


Responsive image

6月23日(土)

今日は、江見沖〜鴨川沖の水深115〜310mで、朝の内沖メバルを狙い、その後赤ムツを狙いました。
沖メバルは、底反応が薄く、また、反応の変わりも速く低調でした。(沖メバル:20〜34cmが0〜4尾)。
赤ムツは、二枚潮で潮具合いが悪いため非常に釣りづらく、また、オキギスも多く邪魔で苦戦し低調でした。但し、今日もユメカサゴ・メダイ・スミヤキなどの外道が交じりました。(赤ムツ:24〜34cmが1〜3尾)。

2018/06/23


Responsive image

6月13日(水)

今日は、江見沖の水深130〜170mで、朝の内アジを狙い、その後スルメイカを狙いました。
アジは、ウルメイワシが非常に多く邪魔で低調でした。(アジ:24〜30cmが12尾)。
スルメイカは、反応の変わりが速いため苦戦しましたが、どうにかポツポツと釣れた時間帯もありました。(スルメイカ:20〜35cmが49杯)。

2018/06/13


Responsive image

6月7日(木)

今日は、天津沖の水深60〜90mで、朝からマルイカを狙いました。
反応が小さいため反応の変わりが速く非常に苦戦しましたが、前半はどうにかポツポツと釣れました。但し、後半はノリが急激に悪くなってしまい低調でした。(マルイカ:15〜28cmが45杯)。

2018/06/08


Responsive image

6月5日(火)

今日は、天津沖の水深60〜85mで、朝からマルイカを狙いました。
反応が小さいため反応の変わりも速く非常に苦戦しました。また、相変わらずバラシがかなりありましたので多くは釣れませんでしたが、後半ポツリポツリと良型サイズのものが交じった方もいました。本当にマルイカ釣りは難しいですね。(マルイカ:15〜30cmが11〜23杯)。

2018/06/05


Responsive image

5月27日(日)

今日は、天津沖の水深80〜100mで、朝からマルイカを狙いました。また、午後船で和田浦沖の水深230〜270mで、赤ムツを狙いました。
マルイカは、反応が小さいため反応の変わりも速く非常に苦戦しました。また、バラシもかなり多かったようです。但し、良型サイズも交じりました。(マルイカ:16〜30cmが15〜27杯)。
赤ムツは、潮の流れが速く二枚潮で非常に釣りづらく、また、サバが非常に多く邪魔で低調でした。但し、今日も黒ムツ・メダイ・ユメカサゴなどの外道が交じりました。(赤ムツ:36〜41cmが0〜2尾)。

2018/05/27


Responsive image

5月12日(土)

今日は、和田浦沖の水深110〜120mで、朝から鬼カサゴを狙いました。
朝の内は潮も流れていたせいかどうにかポツリポツリと釣れましたが、中盤頃から潮が止まりだし魚の食いもパタっと止まってしまいました。但し、アマダイ・キダイ・ホウボウ・アヤメカサゴなどの外道も交じりました。アマダイは43cmで1.4kgの良型サイズでした。(鬼カサゴ:0.7〜1.3kgが3尾)。

2018/05/12


Responsive image

5月11日(金)

今日は、鴨川沖〜江見沖の水深130〜270mで、朝の内ヤリイカを狙い、その後赤ムツを狙いました。
ヤリイカは、サバのオンパレードでどうにもなりませんでした。上から下までサバだらけでした。
赤ムツは、サバとサメのオンパレードで非常に苦戦し低調でした。但し、サバは大・中型サイズが多く交じりサバ好きな方はお土産になりました。(赤ムツ:28〜42cmが1〜3尾)。

2018/05/11


2000 - 2018 © 釣船名鑑 all rights reserved.